TOPページへ

人の心に空いた
暗くて、深くて、恐ろしい穴
それが 新しいトンネルになる。
     天元突破グレンラガン

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

かんたろうが死んだ

 2012-02-26
かんたろうのその後をずっと書いてませんでしたが、前回の日記を書いた二日後に死にました。

前回の日記の次の日。

朝、久々にうんちをしていた。
ただ、自分で立ち上がることはできないので、ペットシーツを敷いたオレのベッドの上で寝グソだったけどw
エサはそれなりに食べる気はあったけど、食べにくそうだったのでふやかしてやって多少食べていたんですが、うんちをここ三日程してなかったのでちょっと安心した。
前日から病院でもらった流動食をあげてて、それはもりもり食べてたんで「うんちもするしもしかしたら回復するか?」とか思ってテンションがあがった。

んで、点滴をした。
病院で見てた感じよりも力が必要だったので、針が変なとこ入ってないか不安だったけど大丈夫そうだった。
この後にも数回エサをやって良く食う。
こちらとしては前日よりも落ち着いて寝てることが多いように感じた。
なんとも良くなってるかどうかは分からないが、先生に聞いたところでは痙攣で体力を奪われるよりも良いはず。
実感としては、このくらいの自宅治療ならやっていけるかな、と思っていた。


次の次の日。

朝起きた瞬間、嫌な予感がした。

いつもはかんたろうが隣で動いたり痙攣したりするので2時間〜3時間ごとくらいに起こされるんだけど、深夜3時くらいの記憶を最後に、部屋は明るくなっていた。
見ると、隣のかんたろうは一枚のペットシーツの上で行儀よく寝たまま。

そして、起きなかった。

うんちをしていたのでティッシュでとってやって、少しおしっこをしてたのでシーツも替えてまた寝かせた。
そしたらなんか泣けてきた。


そこから三日くらいは隣に置いて抱いて寝た。
憤死してるフェレットなど見た事ないが、死に顔が安らかだったので多少救われた。
口を開けて歯を見たら、なんか改めて歳くってたことに気付いた。

そろそろどっか埋めてやりたいな、と思ってそのへんをブラブラしたけど、やっぱどこも土どころかアスファルトも雪で見えない。
公園なんかは誰も除雪しないから積雪2mくらいなので断念。
箱に入れてとりあえずバイクの下の雪の中に埋めた。
雪の中に埋めたら埋めたで、一週間くらいしたら今度は凍って雪かきのスコップじゃ掘り出せなくなった。
春になって雪解けしたら埋めにいこうと思う。


fere1 (24)

まだ入荷したばっかの時のかんたろう。
店頭に出すより先にオレが買って帰りました(`・ω・´)
手のひらサイズだったこの頃から既に暴れん坊でした。

fere1 (53)

かんたろうのジャイアン全盛期。
この頃のかんたろうはTV版のジャイアンそのものでした。

CIMG0972_.jpg

一緒に飼ってたフェレット、ぶーちゃんもぱーこも死んでしまって、落ち着いた頃のかんたろう。
何回もUPしてますが、この写真一番気に入ってるので。

かんたろうは今までで一番長いこと一緒にいたフェレットでした。
かわいいやつだった。
ほんとにかわいいやつだったよ;;
スポンサーサイト

かんたろうが死ぬ

 2012-01-15
4日前。

ごはんと水が減ってなくて、うんちをしてなかった。
皿で水をやったら飲んだけど、ちょっと元気がない。


3日前。

下半身が動きにくそうだ。
相変わらずご飯を食べない。
水も皿からしか飲まない。
夜になって、後ろ足を体掻く時みたいに「カカカッ」とさせるようになった。
下半身の麻痺+痙攣。
明日病院に行こうと思う。


2日前。

朝起きると、ちょこっとうんちをしていた。
粘着質なうんちだった。
近くで「フェレット」の表示のある動物病院を探して行ってみるも、頼りない。
とりあえずもらった薬を飲ませるが、たぶん見当はずれだろう。
点滴をしてもらったので、それで自力で回復しないかと思ったが、どうも無理だ。
夜になって少し元気は出てちょこっとふやかしたエサを食べたが、下半身の麻痺と痙攣は相変わらず。
少し遠いが、あみが札幌の中央区にフェレットに特化してるっぽい動物病院を見つけたので、明日行ってみることにする。


昨日。

麻痺と痙攣が全身に広がる。
昼前に昨日調べた「あつき動物病院」に行く。
血液検査の結果、貧血と尿毒症で「腎不全」と診断される。
また、「アリューシャン病」の疑いがある。

詳しい診断結果、処置、経緯、料金などはこちら
かんたろうの検査結果を詳しく。

血中尿素量が高いと痙攣などが起きるので、まずそれを下げる…のだが、一度弱った腎臓は回復しない。
人間で言えば、腎臓移植できるまで人工透析というところか。
フェレットではそれすらできない。
これからの治療で痙攣からは回復する可能性はなくはないが、延命治療でしかないだろう。
気をつかいながら詳しく説明してくれる先生に感謝する。

発作を抑える注射と造血剤の注射、点滴をしてもらったので、これで多少回復するか明日様子を見せに行く。


今日。

昨日と状況はあまり変わらない。
やはりただの腎不全の痙攣とは違う、ということで、ステロイド系の注射と点滴をしてもらう。
これで効果があるようなら状況を見ながらこちらの治療に切り替えていくが、期待はできないようだ。

毎日通院するわけにいかないので、明日からはオレが点滴とかをします。


で。


病気ってほんとに急に来る。
先週なんて湯船で元気に泳いでたのにな。
今はもう、自力でほとんど動けません。

でも元気は元気。
ちゃんと覚醒してる時は目もしっかりしてるし、おしっこしたい時は暴れる。
今日流動食だったけどそれなりに食べたし、血中尿素が下がればもしかしたら麻痺と痙攣はなんとかなるかもしれない。
ただ、これからもずっと治療を続けないと生きれない。

ゲージだとハンモックに潜っても自力で出て来れないし、今はほとんどオレのベッドにいるんですが、よしよししてるとあんまし痙攣しないんですよw
ずっとツンツンしてたのに、今になってデレるとかww

P1167535_.jpg

あーあ、かわいいなちくしょう。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。